FXのスワップポイントとは

FXのスワップポイントとは

FXのスワップポイントというのは、とても重要なことです。スワップポイントは、貰えるかまたは払うかどちらかになります。今の金利というのは日本はほとんど0に近いと思いますが、金利が高いとされているドルと、日本の円の金利の差はかなり大きいです。100万円を持っていたとして、円のまま銀行に貯蓄しても、まったく増えないくらい金利は低いですが、ドルに換金してアメリカの銀行に貯金すればどうなるでしょうか。今金利はドルの方が圧倒的に高いですから、日本の銀行に預けているよりも、かなり差がある金利が付いてくると思います。この金利の差がスワップポイントなのです。 円を売ってドルを買って1万ドルのロングポジションを持っていたとします。そうすると毎日のようにスワップポイントで150円位のお金が付いてきますから、1か月にすれば、4500円になり、それを1万ドル持っていれば、毎月4500円で1年にすれば、5万4000円もスワップポイントを何もしなくても受け取れることになるのです。 しかし実際のトレードの場合には、為替差益といって買った値段とうった値段の差によって変化が出てきますが、5万4千円という数字は、115円で買ったドルが、109円まで下がらなければ絶対に損をすることはありません。ですから、日本の銀行に預けているよりもかなりお得ということになるわけです。 しかしスワップポイントは受け取るだけではありません。ドルを売って円を買う場合には金利の差がマイナスになりますから、今度は逆にスワップポイントを払い続けなければいけないのです。

FXについて勉強しているとスプレッドという言葉が出てきます。これは高い値段で買わせて安く売るというFX業者の儲け、取り分のことを言います。海外にこれから浮くという場合に外貨を買って、そして日本に帰ってきて売る場合には、レートに違いがありますよね。買うときは高く買わされるのに、売るときは安く買い取られるというが一般的ですが、これはこの差を金融機関が利益としてとっているのです。FXでも同じことがいえます。FX業者が、とる取り分が、スプレッドというわけですね。これは業者によって違っています。スプレッドが1ポイントのところもあれば、5−6ポイント取っていることもありますし10ポイントの場合にもあります。 FX業者によっても違っていますし。また通貨のペアによって違っています。FX比較ランキングから業者を選ぶ際の参考にすることの一つとして、スプレッドが狭いところを選ぶというのが一つのポイントになります。例えば、あるFX業者の場合に1ドルの買いのレートが115.50円だった場合に、同じ1ドルの売りのレートは、115.54円だった場合には、見てみると、4ポイント違いが出ていると思い舞う1万ドルなら4ポイントが400円になりますから、1万ドルをすぐに売ってしまった場合には、400円も損をするということになるわけです。 FX業者を選ぶ際のポイントは色々とありますが、スプレッドに関しても視野に入れた上で、一度考えた方がいいかもしれませんね。色々と比較をするポイントはありますが、スプレッドも大切です。

fxというのは外国為替証拠金取引のことで証拠金取引と外国為替取引が一つになった取引のことを言うのですが、羊飼いというのは何か知っているでしょうか。fx(外国為替証拠金取引)している人なら知っている人も多いかもしれません。羊飼い fxというのはfx(外国為替証拠金取引)についてトレード情報をはじめ、取引情報や要人発言などを載せている「羊飼いのfxブログ」の運営管理されている人のことを言うようです。fx(外国為替証拠金取引)をしている人で羊飼いさんの「羊飼いのfxブログ」を参考にしている人は少なくないと思います。 この「羊飼いのfxブログ」の魅力というのはfx(外国為替証拠金取引)のコンテンツだけではなくてfx業者の情報やfx業者のキャンペーン情報などたくさんの情報があるということです。もちろん業者の情報だけではなくてfx投資についても書かれているそうです。何と言っても「羊飼いのfxブログ」の一番の魅力というのは更新の早さだそうです。朝には指標を表記して昼には重要指標の相場の反応を分析して夜には為替相場分析や、fx業者比較やfx業界ニュースを書いているようです。「羊飼いのfxブログ」はトレードに参加する前のfx(外国為替証拠金取引)を勉強するのにおすすめできる良いサイトだと思います。一度是非のぞいてみてください。

外国為替証拠金取引というのを英語に直すと「Foreign Exchange」となります。その英語を略して(forex) fxと言っています。ですから外国為替証拠金取引=fxということになります。外国為替証拠金取引=fxの説明の前に外国為替という言葉はニュースなどで毎日といって良いほど流れていると思いますが、外国為替は外為(がいため)とも言われています。通貨が違う国との間の貸借関係を、現金に換えなくても、手形や小切手などを使って、振替決済する方法のことを言います。 外国為替証拠金取引=fxというのは株式の信用取引や商品の先物取引と同じようなやり方を用いて通貨を売ったり買ったりする方法のことを言います。特徴としては売り買いのレートの差が小さいことや手数料安いことが、用意するお金(証拠金・保証金)の10倍以上の外貨を扱うことができることです。また外国為替証拠金取引=fxは株の投資したときにでる損失に比べて100%ではありませんが安全性が高いため多くのサラリーマンやOLさんがしているようです。ただ外国為替証拠金取引=fxは株の投資に比べると安全性が高いといっても投資にはかわりないのでいくらかのリスクがあるということは覚えておかなければいけません。

よくニュースなどで「為替が・・・」などしていますが最近では外国為替に関心をもっている人が増えているようです。外国為替のことを「Foreign Exchange」いいますが、その略した言葉がよく使われているfxという言葉です。そしてそのfx(外国為替)を対象に投資することを外国為替証拠金取引と言うのですが、その外国為替証拠金取引が一般的となってきたのでfxという呼び方で表されるようになったようです。外国為替証拠金取引というよりfxといったほうが早いですし簡単ですよね。 fx=外国為替証拠金取引というのは外国通貨(外国為替)を対象にして少ないお金で取引することを言います。またその取引はfx=外国為替証拠金取引を取扱う業者を通じてではないとできません。fx=外国為替証拠金取引を取扱っている業者というのは証券会社系や、独立系や物品先物系などがあります。fx=外国為替証拠金取引というのは投資するお金の額が低いのに大きな額の資金を動かすことができて売っても稼げるし買っても稼げますがfx=外国為替証拠金取引を理解していないと大きなリスクを背負ってしまうかもしれないのでまずはしっかりfx=外国為替証拠金取引について知識を持つことと理解することをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ